ブログトップ

ロブ的つれづれ日記∈( ̄o ̄)∋

普段使いのものは、とにかくテンションの上がるものを!

今日、カポやらチューナーやらが入ってるギターの小物入れを開けようとしたら...
フタがベリベリっと、無残にもちぎれてしまいました137.png

実際使ったのはたった3か月。
100均ショップで買ったものだから、「やっぱりか!」という気持ちもどこかにありましたが。

ちなみに今日は夕方から梅田でレッスンだったので、終わってから何か良いものはないかとウインドウショッピングも兼ねてブラブラと。

色々と文房具を扱ってるお店を周ってみたけど意外とないものなんですね。

ただ今回は安かろう悪かろうではなく、多少値が張ってもとにかく使っててテンションが上がるものを買おうって決めてました。

「そういえば、ヨドバシカメラにも結構大きなフロアで文房具置いてたな~!」

と思い出して、とにかく行ってみました。

するとすると、デザインはシンプルなのですが、こんなの見つけました169.png

f0081933_21583407.jpg

f0081933_21584316.jpg

フタはマグネット式になってて、ステージ上でもサイドテーブルの上に置いて使いやすそう!

f0081933_21583965.jpg

大きさも本棚に入るくらいコンパクトだし、値段も思ったほどじゃなかった101.png

f0081933_21584788.jpg


何よりもそのシンプルさが気に入ってしまってすぐに買っちゃいました102.png

いやいや~、ライブやレッスンで使うのが楽しみだね169.png

[PR]
# by robu-happy | 2018-02-19 01:26 | コラム・ひとりごと | Comments(0)

5分で出来るウォーミングアップ-Vol.3~今回はウラ拍アクセント!

f0081933_21205690.jpg


今回の『5分で出来るウォーミングアップ』。
Vol.2に引き続きコードチェンジなし、Cのワンコードでアクセントを付けるメソッドです。
もちろん前回までと同様、Cコードでなくご自身の得意なコードフォームで弾いていただいても全然大丈夫ですよ101.png

参考までにCコードのダイヤグラム、載せておきますね。


【図①】
f0081933_23522658.jpg


さてそれでは内容に踏み込んでみましょう!

Vol.2では1~4拍目のオモテ拍にアクセントを付けて弾く練習をしましたが、今回はウラ拍に主体を置いて弾くメソッドです。ちなみにVol.2でご紹介したパターンはこんなのでしたね。


【図②】
f0081933_23331590.jpg


では今回のウォーミングアップメソッドです!


【図③】
f0081933_20494458.jpg


【図②】とはアクセントが付いている箇所が違いますね。
>(アクセント記号)の付いた音符を少し強めに弾いてみて下さいね。
参考までにギターで弾いたダウン&アップストロークのイメージはこんな感じになりますよ101.png



| ↓↓↑↓↓↑ | ↓↓↑↓↓↑ |
| ↓↑↓↓↑↓ | ↓↑↓↓↑↓ |



いきなり速いテンポで弾くとこんがらがると思いますので、最初はメトロノームで50~60くらいのゆっくりテンポでやってみると良いと思います。
曲練習の前の5分間、ぜひウォーミングアップに取り入れてみて下さいね101.png


※矢野サトシ・ギターレッスンのお問い合わせは下記のリンクよりどうぞ。



[PR]
# by robu-happy | 2018-02-17 21:34 | ブログでミニレッスン | Comments(0)

5分で出来るウォーミングアップ-Vol.2

今日のブログでミニレッスンは前回に引き続き『5分で出来るウォーミングアップ』

もちろん今回もワンコードで出来るメソッドです。
楽譜ではCコードで記載してますが、ご自身の得意なコードフォームで弾いていただいて構わないですよ101.png


前回は8ビートのストロークをダウン、アップとも均等なリズムになるように弾く、というメソッドをやりましたね。


【図①】
f0081933_00130084.jpg
f0081933_23522658.jpg


では、前回のおさらいも兼ねて上記【図①】のリズムパターンを音量差が出ないように出来るだけ平べったくなる感じで弾いてみましょう。


ちなみにリズムを歌ってみると、こんな感じ。

| いちにいさんしい | いちにいさんしい |
| いちにいさんしい | いちにいさんしい |


どんな感じでしたか?
平べったくてあまり面白くないですよね(笑)

平べったく弾いて下さいと言っておきながら、「面白くないですよね。」というオチ。
すみません105.png


さて、それでは気を取り直して、その8ビートストロークにアクセントをつけてみたいと思います。


【図②】
f0081933_23331590.jpg

基本的には【図①】のリズムパターンと同じように弾くのですが、の記号が付いている箇所のみ少し力を入れて強く弾いてみましょう。

アクセントが付いている場所は、

◇1~2小節目・・・1・3拍目のオモテ拍
 ※『い』と『さ』の音符の箇所
◇3~4小節目・・・2・4拍目のオモテ拍
 ※『に』と『し』の音符の箇所

リズムを歌ってみると、こんな感じ。

| ちにいんしい | ちにいんしい |
| いちいさんい | いちいさんい |

リズムを歌ってみたのと同じように上手く弾くことが出来たでしょうか?
メトロノームのテンポはゆっくり目の50~60くらいから始めてみましょう。
慣れてくれば1~4小節目を何度か繰り返し弾いてみるのも良いウォーミングアップになると思います。

リズムにアクセントを付けることが出来れば、曲全体にも表情を付けることが可能になりますよ。
ギターを練習する前の5分、ぜひ取り入れてみて下さいね101.png

※ギターレッスンのお問い合わせは下記のリンクよりどうぞ。



[PR]
# by robu-happy | 2018-02-17 00:13 | ブログでミニレッスン | Comments(0)

5分で出来るウォーミングアップ-Vol.1

久し振りの『ブログでミニレッスン』

今日は5分で出来るウォーミングアップをご紹介致します。
しかもCコード一つだけで出来る!!

もしCコードが押さえられない方はご自身が押さえやすいコードでもOKですよ101.png

フレーズは至って簡単!
8ビートでのダウン&アップストロークです。

このウォーミングアップのフレーズを弾く時に意識することは以下の通り。

①ダウンストロークは6弦から1弦(太い弦から細い弦)までの感触をしっかりと感じること。
②アップストロークは1弦から6弦(細い弦から太い弦)までの感触をしっかりと感じること。
③ダウンストロークとアップストロークの距離間を均等に合わせて弾いてみる。
 ※距離を合わせることによって均等なタイム感が取れるようになってきますよ。

メトロノームのテンポは70~80のゆっくりとしたテンポで始めて、慣れてくれば少しずつテンポを上げて行けば良いかなと思います。
8分音符のビートで設定出来るメトロノームがあれば尚いいと思います。
※70~80で速いなと感じる方は50~60くらいから始めてみて下さいね。
最近はスマホでも無料のメトロノームのアプリがあるのでぜひ利用してみて下さい101.png

練習前の5分間、焦らずに遊び感覚で取り入れてみて下さいね。101.png

f0081933_00130084.jpg

[PR]
# by robu-happy | 2018-02-13 00:14 | ブログでミニレッスン | Comments(0)

カルチャーハウス香里ケ丘さん1日体験講座

f0081933_23012666.jpg

大阪・枚方のカルチャーハウス香里ケ丘さんでの僕のギターレッスン
『週末にイチから始める フォーク&アコースティックギター』
の1日体験講座を2/17(土)12:30~14:00に開催致します。
今回の課題曲は福山雅治さんの「桜坂」
簡単アレンジで一緒に弾き語りしましょう101.png
1日体験講座のお申込み、お問い合わせはカルチャーハウス香里ケ丘さんのHPよりメールもしくはお電話でどうぞ。




[PR]
# by robu-happy | 2018-02-12 23:03 | お知らせ | Comments(0)

大切なこと

僕のレッスンに通って下さってまだ半年足らずの小学生の生徒さん。
2週間に1回のレッスンなのですが、その度毎にどんどんスキルアップされていて、

「早い年齢からギターを始めるとやっぱり上達が早いんだな~」

と僕自身も毎回肌で感じてます。

今日はその生徒さんのお母様とお話しさせて頂く機会がありました。
お母様いわく、ご自宅での彼女の練習風景を見られていて、

「ちゃんと曲として聴こえてきて、その上達の早さにビックリしてるんです!」

とのこと。
僕もそれをお聞きして「良かったな~。」と安堵の思い。
しかしそれ以上に、彼女が曲を弾いてるのを観てお父様がすごく感動されてたそうなんです。

そんなお話しをお聞きしてたら、僕も何だか自分のことのように嬉しくなってしまいました169.png

きっと彼女は感動してもらおうなんて気持ちはサラサラ無く、ギターを弾くのがただただ楽しいんだろうなって思います。

その証拠にレッスンの時だって表情には出さなくても、彼女のつま弾くその一音一音がホント楽しそうに聴こえて来るんです。

楽しく弾けることって、時として誰かに力を与えることだって出来るんですよね。
今の気持ちを大切にして、ずっとギターを弾くことを好きでいて欲しいなって思います101.png

f0081933_23311545.jpg

[PR]
# by robu-happy | 2018-02-10 23:45 | Comments(0)

Second Harmonicsのライブ動画



昨年末に西宮北口RJ&BME'Sさんでポッキーくんと共に開催させて頂きましたライブの模様、当日お越し下さってたお客様が動画としてアップして下さいました。
満員のお客様の中での過酷な状況ながら本当にきれいに撮って下さって感謝です(^^)
その他にも沢山動画を上げて下さってますのでぜひぜひご覧ください。



f0081933_21243388.jpg

f0081933_21244095.jpg



[PR]
# by robu-happy | 2018-02-09 21:26 | ライブ | Comments(0)

メンタルとギター

2018年、明けましておめでとうございます!
旧年中お世話になりました皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

という訳で、今年初めてのブログの記事。
タイトルは『メンタルとギター』。


今日、友達とご飯を食べに行って

「ギターを弾く時ってその時のメンタルな部分が正直に音に表れるんだよ。」

と話していた時のこと。

ギターを弾いてる時って、嬉しい時、悲しい時、幸せな時、イライラしている時、楽しい時、落ち込んでいる時、すべてがその音となって表れるんですね。

全く音楽には携わってないその彼に、そんな話をしていると、

「ライブの時にもそんな風に音になって表れるんですか?」

と訊かれました。
どうだろうと思って自分の心に問いかけながら話していると、「ライブ前までの色々な気持ちを引きずること」って僕自身意外と少なかったんですよね。

むしろそれらのメンタル面に関して言えば、ライブ前のリハの時点で既にスパッと切り離している。
判っているようで判っていなかった。

敢えてステージ上で集中出来ない場合と言えば、

・ギターのチューニングが微妙に合っていない。
・カポの装着が甘くて弦がビリ付く。
・ある一定の周波数帯の音がウネってしまっている。

などサウンドに関わるテクニカルな面ばかり。
「あ~、そうだったんだ!」
自分のことながら本当に意外でした146.png

また話しの流れで、気が付けばライブ前のリハーサルの在り方についても話してました。

ライブの数日前に行う、いわゆる「合わせ」と呼ばれるリハーサルからステージ直前のサウンドチェックを含めたリハに関して、皆さんはどのような位置づけで考えていらっしゃるでしょうか?
僕自身の中では「失敗が許される時間」として位置付けてるんです。
むしろ自分が考えてたフレーズが合うのかどうか、このサウンドで自分が伝えたいことが音に乗せられるのか、など積極的に失敗して感覚をつかむ時。
またフレーズを間違えた時にどうやって上手く本来のフレーズの流れに戻すのかを確認しておく時。

もちろん最初から完璧に出来ていればそれが一番です。
ただ、僕の中ではリハーサルで失敗しておくことで安心して本番のステージに臨めるということなんですね。

音楽とは全くかけ離れた話をしているのに、興味津々で聞いてくれた友達。
きっとご自身の仕事に置き換えて聞いてくれたのかなと思ってます。

また僕も話し相手がミュージシャンではないのに、いつになく熱く話していたこと。
けど心の中にあったものをアウトプットすることで、またひとつ本当の自分を見つけたこと。
不思議な感覚で始まった2018年。

今年もやってみたいことが沢山!
面白そうな1年になりそうです101.png
沢山の方々と楽しいことを分かち合っていけたらなって思ってます169.png

f0081933_23301970.jpg

[PR]
# by robu-happy | 2018-01-04 23:33 | コラム・ひとりごと | Comments(0)

12月のライブ・イベントのお知らせ

12月はライブ、イベントが目白押しとなりました。
まずは、12/9(土)
ラジオ関西にて毎週土曜日にON AIR中の番組【ひづきようこの今宵の宴】メンバーでのマンスリーイベントで、いつもご一緒させて頂いてる山崎潤さんのサポートで出演致します。場所は神戸・三宮Acqua(アクア)さん。
ひづきようこさんを始め素敵なミュージシャンの方々との楽しい週末の夜をお楽しみ頂ければと思います。
※詳しくはこちらをどうぞ。
f0081933_01042741.jpg

続いてはその翌週の12/16(土)
僕のギターとポッキーくんのパーカッションユニットSecond Harmonicsの11周年ライブです。
ゲストには素敵なツインボーカルユニット『The Roots』のお二人を迎えてお送り致します!
まだお席の方もございますので、ぜひ皆さまと楽しいひと時を過ごせたらな、と思います。
f0081933_01144541.jpg

そしてもうひとつは、
こちらはライブではなく僕のもうひとつの顔、ギター・インストラクターとしてのイベント。
大阪・南森町Studio Leafさんでのアコースティックギター体験レッスン会
12/8(金)、17(日)の両日に開催致します。
ギターに興味をお持ちの方、ワンランク上のテクニック習得を目指す方に嬉しい、お得なお試し価格でレッスンをご受講頂けますのでぜひこの機会にどうぞ!
f0081933_01200360.jpg

[PR]
# by robu-happy | 2017-12-05 01:27 | お知らせ | Comments(0)

帰る場所

Facebookで親しくさせて頂いてるギター繋がりの友人がこんな記事を教えて下さいました。

この記事を読んで、ギターへのアプローチについても共感を得たそうです。
僕もこの記事を拝見させて頂いて、感じたことがあったので早速ブログに書かせて頂きました。


この記事の中で注目したキーワードは「帰りどころ」。
帰る場所って、やっぱり大切ですよね101.png

ちなみに僕はギタリストなので、やっぱりギターに絡めて書き綴って行きたいとおもいます101.png


僕もその昔、ステージで良い音やカッコいいフレーズを出そうとする余り、力が入りすぎて苦い経験をしたことが何度もあります(汗)
挙句の果てにはライブが終わった後も反省ばかりで自分の音が判らなくなって、どうして良いか判らなくなることも。


試行錯誤して迷っている時って、その瞬間は事の大小に関わらず「このままじゃダメだ!」って思ってしまいますよね。

僕自身そんな時は、決まって参考になりそうなギターテクニックやフレーズを散々探し回りました。
が、それをマスターしようと思ったら気の遠くなるような時間がかかってしまって次のステージには到底間に合わない119.png
で、結局のところ最初に自分でやっていたアプローチが一番良かったなんていうことも一度や二度ならず119.png

必要なものは全てこの手の中にある事さえも忘れてしまって、そんな時は藁をもつかむ思いでわざわざ外に探しに行ってしまう(笑)
本当は自分の持っているものを飾らず素直に出せばスンナリ上手く行くのにね~(笑)

けどね、本当はそんな回り道に思えることすらも、何も間違いじゃないな~って最近は思うんです。
むしろ回り道することで得られるものもありますしね101.png
まあ、一度外に出てみないと自分の家の居心地の良さが判らないというところでしょうか(笑)

またそんな試行錯誤の状況の時って360度どこから始めてもオールOKだと思う。
色々なことを試せる絶好のチャンス!

とにかく手を変え品を変え、何度も何度も練習して、練習して、練習しまくる。
練習嫌いの僕でさえも、そんな時期がありました。

野球じゃないけど「千本ノック」も時には必要だと思うんです。
そんな中、全てが嫌になってギターを放り出しながらも、それでもやっぱり弾けないフレーズを何度もというか何日も。

すると最初はアタマで考えて練習していたのが、突然雷に打たれたように腑に落ちる瞬間がある!
何かね、ずっと忘れていたものを突然思い出す、みたいな(笑)

進む道でそれぞれ形は違うけれど、そんな状況で出合う感覚って、きっとみんな同じように感じるんでしょうね(^^)

藤波投手にも、彼自身にしか判らないそんな「帰る場所」に辿り着いて欲しいですね(^^)

f0081933_01191853.jpg

[PR]
# by robu-happy | 2017-11-21 01:32 | コラム・ひとりごと | Comments(0)

音楽の話から日常の出来事まで
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28