ブログトップ

ロブ的つれづれ日記∈( ̄o ̄)∋

<   2017年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

尾張いちのみや ピンクリボンフェスタ

f0081933_20090366.jpg


今年も早いもので明日から10月。
おかげさまで僕もここまでライブやラジオ出演などでアクティビティに動きまくっている感じです(^^)
ちょうど1週間前も岡山・玉野市で開催されました『たまの旬のさんま祭り』にシンガー加治木孝子さんと参加させて頂きました。


f0081933_20113862.jpg

f0081933_20121370.jpg

気仙沼産の旬の「吉備笹の葉焼さんま」を食べてのチャリティイベント。
お越しになられた皆さんが美味しくて幸せになって、しかもそれが東北支援のチャリティに!


f0081933_20105386.jpg

f0081933_20094269.jpg

本当に素敵なイベントで皆さんと同じ時間を過ごさせて頂きました。
お越しになられた皆さま、当日お世話になりました皆さま、月並みな言葉ですが改めまして素敵な時間をありがとうございました101.png
※写真は当日会場にお越し頂きました皆さんが撮って下さったものを掲載させて頂きました。


さてさて、そんな9月を終えて明日10/1(日)は1週間前と同じくシンガー加治木孝子さんと

『尾張いちのみや ピンクリボンフェスタ』

にライブで参加させて頂きます。
今回のイベントは新一宮プロレス、ライブ、フラメンコなど楽しいイベントが盛り沢山!
プロレスの後には子供さんたちも楽しみにしている『菓子まき』もありますよ101.png

■イベント開催日時■
 10月1日(日)11:00~16:00 ※雨天決行
■場所■
■加治木孝子&矢野サトシ 出演時間■
 ①12:00~
 ②14:30~
 ※2ステージ予定しております。
■観覧無料

主催:尾張一宮ピンクリボンフェスタ実行委員会
共催:NPO法人バボナターレ  
協力:新一宮プロレス
後援:愛知県、一宮市(予定)
また新一宮プロレスさんから『菓子まき』のお菓子を募集してらっしゃいますので、ご協力頂ける方はぜひ宜しくお願い致します。



[PR]
by robu-happy | 2017-09-30 20:26 | お知らせ | Comments(0)

素早くコードチェンジをするには・・・

こんにちは、アコースティックギタリストの矢野サトシです。
本日のテーマはズバリ『素早くコードチェンジをするには』

アコースティックギターでコードチェンジをする時に時間がかかってしまう。

なんて悩まれたことはないでしょうか。
今日は知っておけば得をする「素早いコードチェンジのためのコツ」についてお話ししてみますね101.png


それではまず、ギターを弾く上では必須のGコードを見てみましょう。

図①
f0081933_23023497.jpg
歌本のダイヤグラムにはこのように載っていることが多いのではないでしょうか。


ではこのフォーム、どうやって押さえるんだろう??
パッと見て、こうなのかな?

図②
f0081933_23130849.jpg

なんて図②のように押さえられる方も多いのではないかと思われます。
実際のところ、僕もギターを弾き始めた頃はこのように押さえてました。
ホント安定して、しっかりと押さえられますもんね101.png

ただ、色々なコードフォームを覚えて行くうちに「こうやったら押さえやすいけど何か違うかも?」と同じ時期に模索もしてたんですね。


元来、人間の指の役割は、

物をつかむ役割の指・・・親指、人差し指、中指
それを補佐する役割の指・・・薬指、小指

ということになると思われるんです。
そう考えると、力の弱い小指を使わずに図②のように押さえることは、なんら不自然なことではないと思われます。

では「何か違うかも?」と感じたのは何だったのでしょうか?
その疑問を少しずつ紐解いて行きたいと思います。


いきなりですが、先ほど挙げた図②のGコードの指の押さえ方から次の図③のCコードにフォームチェンジをしてみましょう。

図③
f0081933_23252505.jpg

コードチェンジの際、何だか少し遠回りをしている感じがしないでしょうか。

そうなんです!

実際に指を押さえて動かしてみて頂くと、指のフォームを根本的に全て変えてしまわないといけなくなるのが判ると思います。
根本的に全て変えるということは『コードチェンジに時間がかかってしまう』ということなんですね。

さあ、ここに全てのヒントが隠れています101.png
ポイントは、上記のGかCのフォームの押さえ方をほんの少し変えてあげることなんですね。

それでは、弾き語りなどでよく使われるローポジションのオープンコードのメカニズムを考えてみたいと思います。
(※オープンコード・・・弦を全て押さえるハイコード、セーハコードはなくGやC、Am、Emなどのように開放弦も使って鳴らすコードのこと。)
お手元の曲集などを見てみると、上記のGやC、その他ここには載せてませんがAm、Emなど大体1~3フレット辺りで押さえられるコードが多いのではないでしょうか。



ここで簡単な原則についてお話ししてみましょう。

図④
f0081933_23455450.jpg
上記の図のように、各フレットに対して優先される指がそれぞれあると考えてみて下さい。

1フレット・・・(第1優先)人差し指、(第2優先)中指
2フレット・・・(第1優先)中指、(第2優先)薬指、(第3優先)小指
3フレット・・・(第1優先)薬指、(第2優先)小指
※あくまで原則なのでこれが全てという訳ではないですよ101.png

というように。また同じフレットで複数の指を押さえる場合は太い弦が第1優先になります。
(※弦の名称は太い弦から6弦~1弦)
Emのコードで考えるとわかりやすいと思いますよ。


図⑤
f0081933_23541805.jpg


原則通りに考えれば、

中指(5弦2フレット目)・・・2フレット目の第1優先の指
薬指(4弦2フレット目)・・・2フレット目の第2優先の指

ということになりますね。


では前述の図③のCコード。
この原則に当てはめると図のように押さえるのが理に適っているのがお分かりではないでしょうか。

人差し指・・・2弦1フレット
中指・・・4弦2フレット
薬指・・・5弦3フレット

まさしく原則通りですね101.png

さあ、それでは先ほどの「上記のGかCのフォームの押さえ方をほんの少し変えてあげる」の答えです。

図⑥
f0081933_00055140.jpg
正解はGコードの押さえ方を少し変えてあげることなんですね。


では、上記図⑥のように押さえてみましょう。

中指・・・5弦2フレット
薬指・・・6弦3フレット(3フレット目の第1優先の指)
小指・・・6弦3フレット(3フレット目の第2優先の指)

普段あまり単独で使うことのない小指で押さえるのが、最初は馴染まないという方も多いのではないかと思われますが、Cコードに変える場合1フレット側にまだ人差し指が残っているため、コードチェンジの際に動かす距離が圧倒的に少なくなるのが判るのではないでしょうか。

つまり、今押さえているコードから次のフォームの形を考えて指を動かす距離を最小限にすることが「素早いコードチェンジ」のコツなんですね。

しかもこの原則さえ掴んでおけばほとんどの場合それを応用出来るということなんです。
ぜひお手元の曲集で指の動かし方を考えながら練習して頂ければと思います。

ちなみにDコードなどのようにこの原則に当てはまらないものもありますが、これについては押さえ方を載せておきますので一緒に練習してみて下さいね。

図⑦
f0081933_00352025.jpg
また参考までにコードなどの押さえ方については、下記のコラム『左手フォームに中心軸を作る』も参照して下されば幸いです。
いつも最後まで読んで下さってありがとうございます102.png




[PR]
by robu-happy | 2017-09-29 01:05 | ブログでミニレッスン | Comments(0)

ギター・ワークショップ開催します!

f0081933_21590797.png

StudioLeafアコースティックギターワークショップを開催いたします。
日時は、下記の2日間。

①2017年10月28日(土)(19:00~22:00)
②2017年10月29日(日)(13:00~21:00)

・好きな曲を自分で伴奏しながら弾き語りをしたい。
 ※楽譜をお持ちでしたらご持参下さい。
・もっと表現力をつけたい。
・色々な奏法をマスターしたい。

目的に応じて、全く初めての方から高度な奏法をマスターしたい方まで、お一人お一人に丁寧にご指導いたします。
詳しくはStudio Leafさんのワークショップ案内ページをご覧ください。






[PR]
by robu-happy | 2017-09-26 22:07 | お知らせ | Comments(0)

「たまの旬のさんま祭り」チャリティーライブ

f0081933_21594604.jpg

f0081933_23441255.jpg

今日は南森町のStudio Leafさんでシンガー加治木孝子さんとのリハーサル。

たまたま持って行ったGodin MIDI Nylonで合わせてみたところ今までになかった化学反応が!
ナイロン弦に持ち替えて弾くだけで曲の雰囲気が変わることは長年の経験から判っていたのですが、
まさかこんなにも変わるなんて!!
予想をはるかに超えていました!


f0081933_22250062.jpg

さてさて、そんな加治木さんとは今週末9/24(日)に岡山県玉野市で開催される「第2回 たまの旬のさんま祭り」にて、チャリティーライブに出演させて頂きます。
ニューアルバム『おかえり』をリリースされてノリに乗っている加治木さんとのステージでは、そんな新しいテイストも加えながらお届け出来ればな~と思います。

◇加治木孝子 × 矢野サトシ ステージ◇
 11時15分〜11時55分
 13時20分〜14時00分

◇矢野サトシ ソロギターステージ◇
 12時10分〜12時35分

3ステージ予定しておりますので、ぜひとも気仙沼の美味しい秋刀魚と共にお楽しみ下さい!!
お問い合わせは上記に添付させて頂きましたフライヤーをご覧下さい。

[PR]
by robu-happy | 2017-09-20 22:33 | お知らせ | Comments(0)

秋に聴きたいギターアルバム Vol.1

f0081933_21395987.jpg

今日は久しぶりに、僕が良く聴いているギターアルバムを取り上げてみようかと思います。

まずはその第1弾。
ギタリスト清水敏貴さんと奥沢茂幸さんによって1999年に結成されたギターデュオ『アコースフィア』のお二人。

家カフェ /アコースフィア

確かなテクニックに裏打ちされた見事なアンサンブルは言うまでもないのですが、それと同時に歌心を感じさせるそのサウンドには僕もいつも魅了されています。

このアルバム『家カフェ』ではスティーヴィー・ワンダー、ビリー・ジョエル、マイケル・ジャクソン、シンディ・ローパーやビートルズと錚々たる面々の名曲たちが見事にアコースティックギターでアレンジされてます。
ギターを弾く方、音楽を聴くだけの方、どちらにとっても楽しめる1枚じゃないかと思います。

秋空の広がったこの季節の昼下がりに、お茶を飲みながらゆったりと『家カフェ』を楽しむ。
もうこの上ない贅沢です(^^)




[PR]
by robu-happy | 2017-09-19 21:44 | コラム・ひとりごと | Comments(0)

てーふぁーのミュージックちゃんぷる~【FM那覇 2017年9月14日放送分】

f0081933_12215582.jpg
f0081933_12182572.jpg

先日9/14にFM那覇さんでOAされました『てーふぁーのミュージックちゃんぷる~』、Youtubeページにアーカイブとしてアップしました!
今回のパーソナリティは、山崎潤さんと矢野サトシでお届け致しました。
聴き逃した方は、ぜひぜひお聴き頂けましたら幸いです~101.png



[PR]
by robu-happy | 2017-09-15 20:34 | ラジオ | Comments(0)

10月期レッスン新規受講生の募集受付け開始しました。

f0081933_19073213.jpg

秋の気配が漂って、すっかり過ごしやすくなりましたね~101.png

さてさて、NHKカルチャー/西宮ガーデンズ教室及び京阪守口教室の10月期、新規受講生の募集受付け開始致しました。
両教室とも現在空き枠に余裕がございますので、ぜひご参加下さい。
日程、受講料などは下記の各教室のリンクよりご覧頂けます。
また1回体験レッスン、ご見学も出来ますのでぜひご利用頂けましたら幸いです。
詳細などお問い合わせは各教室の下記リンクよりどうぞ。


NHKカルチャー/西宮ガーデンズ教室
NHKカルチャー/京阪守口教室/ビギナーズコース(初級)

NHKカルチャー/京阪守口教室/マスターコース(中・上級)




[PR]
by robu-happy | 2017-09-06 19:21 | お知らせ | Comments(0)

好きなことを選ぶ勇気

ここ最近のレッスン、どの生徒さんも本当にいい顔でギターを弾いてらっしゃる姿が印象に残るんです。
そんな中、今日もすごく嬉しい出来事がありました101.png


1年半くらい前から僕のレッスンに通って下さってる小学生のお子さん。
はじめはAKBの曲を弾けたらそれでいいとお母さんからもお聞きしていたのですが、1曲マスターするとギターの楽しさを判って頂けたみたいでその後も通って下さってます。

それなら僕は、

「とにかく好きな曲を弾こう!」

と難しいコードを小さな手でも押さえられるように簡単なフォームにしたりで一緒に取り組んでやってきたんですね。
彼女も新しい楽譜集をお母さんと一緒に買いに行ってやる気満々!

しかし、ここ半年くらい少し伸び悩んでいたんです。


そして前回、前々回のレッスンではとうとう彼女自身、

「もう、できない。」

という感じのところまで来てどうしたら良いか判らない状態。


僕も好きな曲が弾けるように必要なテクニックをマスターさせてあげて
何とか自信を取り戻させてあげようと色々なアプローチを施してみたのですが、
それでも中々出口が見つからない。


そんな中メンタルな部分が何かブロックしているということは何となく感じていたので、前回のレッスン中にその声を聞いてみたら、彼女の中にあったのは思いもよらず僕が一番最初に言ってた「好きな曲を弾こう!」という言葉。

「ハッ!」としました。

一番理解してあげないといけなかった僕がそこから離れようとしていた。

それでレッスンの終わり際に僕自身ももう一度原点に帰って、
「とにかく好きな曲を弾こう!」
と再び伝えておいたんです。


そして迎えた今日のレッスン。

いつもお母さんと一緒にお見えになられるのですが、今日はいつにも増してすごく明るい雰囲気101.png
新しいギターの楽譜集も買いに行かれたみたいでお母さんと二人で本当に良い笑顔101.png


いざレッスンを始めるや否や

「やりたい曲があるんです!」

「何をやってみたい?」

「世界にひとつだけの花」

「じゃあ、一緒にやろう!」

ということで楽譜集を広げて、いつものように難しいコードを簡単な押さえ方にアレンジして一緒に弾いてみました。


すると、ここで驚いたことが!

いつも淡々とギターだけ弾いていた子が、弾き語りで僕と一緒に歌ってるんです。
しかもその歌詞は「世界にひとつだけの花」!

今の彼女の心情にピッタリの内容で途中で危うく感極まりそうになりました119.png
もう、殻を破って少し成長したその姿を目の前で実感出来たことがホント嬉しかった~103.png
ギターを弾きながら歌えるってやっぱり素敵だね101.png


今は小学生でも「好きなことをしよう!」と言ってもその「好きなこと」が判らないお子さんが多い時代。

そんな中で「好きな曲」を選んで来てくれた彼女。
「好きなこと」を選んで実行出来るその勇気が、将来ここぞというところで役に立てればイイね101.png

f0081933_22525664.jpg

[PR]
by robu-happy | 2017-09-03 22:58 | コラム・ひとりごと | Comments(0)

音楽の話から日常の出来事まで