ブログトップ

ロブ的つれづれ日記∈( ̄o ̄)∋

<   2016年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

自分の奏でる音を好きになる!

こんにちは、アコースティックギターリストの矢野サトシです。
いつも『ロブ的つれづれ日記/ブログでミニレッスン』をご覧頂きありがとうございます。

さて前回のコラム『一音一音噛みしめるようにゆっくりと弾く』ではNさんからのご質問にお応えさせて頂く形でテクニカルな面からお話しさせて頂きました。
今回はメンタル的な側面から掘り下げて行きたいと思います。
ではそのNさんのご相談内容をもう一度見てみましょう。


【ご相談内容】
僕は人前で演奏する時、緊張して頭が真っ白になったり、フレーズが飛んだりして今何を弾いてるのかわからなくなったりします。
これらを少しでも無くす方法があれば教えて下さい。


ステージ上で適度な緊張は必要なのですが、それが行き過ぎてしまうと思わぬハプニングが起こってしまうこともありますよね。
特にNさんはアコースティック・ソロギターでインストをされていらっしゃるとのこと。
ミスタッチをしてしまうと必要以上に目立ってしまうから失敗出来ないという、目に見えないプレッシャーとも闘われているようにもお見受けします。

フレーズが飛んでしまったり、ミスタッチは無いに越したことはありません。
ただその残像を残したまま次のステージに立つと、また同じ失敗をしてしまうのではと思ってしまいます。
ではどうすれば良いのでしょうか?

僕もソロでのステージに上がる直前は今でもすごく怖いです(笑)
特に弾きなれてない曲を演奏する時なんかは逃げ出したくなるくらい(笑)

ただある時、ふっと、

『ステージで失敗してもいい(^^)』

今まで心の奥に澱のように溜まっていた恐怖心を解き放って、例え失敗してもただただその自分を認めてあげたんです。
失敗してはいけないステージだからこそ、失敗してしまう自分を許してあげたんです。

どんな時でも自分の奏でる音を好きでいること。
あなたが思うように弾けなくて好きになれないのなら、今はただ認めてあげて下さい。
少しずつ、少しずつ。

例えフレーズが飛んだからと言って、あなたの奏でる音は他の誰にもマネすることは出来ません。
あなたにしか奏でられない音なんです。
その音を真剣に聴いて下さる方が一人でもいらっしゃるのなら、あなたがギターを弾く意味は必ずあります。
弾けなかった部分だけをクローズアップするのではなく、そのステージで出来たことを素直に喜んでみて下さい。
ただただ失敗にかき消されているだけで、それ以外の部分は素晴らしい演奏だったかもしれないんですよね。

ステージが終わったあと、聴いて下さった皆さんが笑顔で迎えて下さったのなら、「良かったね!」と言って下さったのなら、そのライブは成功だと思います。
軽くなった心と適度な心地いい緊張感の中で、素敵な音を奏でられているあなたをイメージしておきますね(^^)

※以前にこんなコラムも書いておりますのでご参考にして頂ければ幸いです。
『人前でギターを弾くということ』
f0081933_22342696.jpg


[PR]
by robu-happy | 2016-09-27 22:38 | ブログでミニレッスン | Comments(0)

『The Roots』さんの結成10周年Liveに出演します!!

11月20日(日)
『The Roots』さん結成10周年LIVE!
at 大阪中崎町 KANDY LION

山崎潤さんとRootさんの素敵なツインヴォーカルユニット『The Roots』さんの記念すべき結成10周年LIVEに出演致します!
場所は最近何かと注目の街、大阪中崎町にあるKANDY LIONさんで。

出演メンバーは昨年と同じく、

山崎潤さん(Vo., Pf, 三線)
Rootさん(Vo., Pf.)
tataくん(A.sax)
ポッキー北野くん(Perc.)
片山彰樹輝くん(Cho.)
矢野サトシ(Aco.g)

で豪華にお楽しみ感満載でお届けします!
皆さまのご来場、心よりお待ちしております。

facebook特設ページも開設しておりますので、こちらもぜひご覧ください。

◆お問い合わせ&ご予約◆
合同会社オフィス音乃葉
℡:06-6926-4285
もしくは、矢野サトシofficial webContactページよりどうぞ!
f0081933_22293461.png
f0081933_22294458.png


[PR]
by robu-happy | 2016-09-24 23:12 | お知らせ | Comments(0)

一音一音噛みしめるようにゆっくりと弾く

こんにちは、アコースティックギターリストの矢野サトシです。
いつも『ロブ的つれづれ日記/ブログでミニレッスン』ご覧頂きありがとうございます。

今日は僕のソロライブにいつも来て下さるNさんから一通のメールを頂きました。

【ご相談内容】
僕は人前で演奏する時、緊張して頭が真っ白になったり、
フレーズが飛んだりして今何を弾いてるのかわからなくなったりします。
これらを少しでも無くす方法があれば教えて下さい。


ステージ上でフレーズが飛んでしまったらホント焦ってしまいますよね。
僕もたまにあります(笑)
原因としては、テクニカル及びメンタルの両面が考えられると思います。

例えばステージ上でアタマが真っ白になってしまった時、色々な切り抜け方もあることはあるのですが、どうしても付け焼刃的になってしまい根本の解決には至らないことも多いので、今回は長い目で見た場合のテクニカル面からの方法をまず探って行きたいと思います。

曲の演奏中、突然フレーズを見失うというのはどんな状況でしょうか?

判りやすいところでシンディ・ローパーの『Time after time』という曲で考えてみたいと思います。

この曲って全編に渡ってすごくキャッチ―でインパクトがありますよね。

『Time after time』がスラスラと弾ける時というのは、例えば電車で特急に乗っていても各停に乗っている時と同じように駅間でそれぞれの駅名がスッと出てくるような状況だと思うんです。
逆に弾けない、詰まる時というのは主要駅は覚えてるけどそれ以外の各停でしか止まらない駅名(フレーズ)が出てこないだけなんですね。

ではここから肝心の解決法をお話ししてみたいと思います。

【例】『Time after time』
①元の(参考にしたいアレンジの)楽曲をしっかりと味わうように聴く
②曲のKey及び最低限スリーコードを把握しておく
 Key=C、スリーコード:C、F、G
③曲を大きく分割して構成を判っておくこと。
 イントロ、1番、間奏、2番、間奏、大サビ、エンディング
 もう少し細かく区切ると、
 イントロ、Aメロ①、Bメロ①、Cメロ(サビ)①、間奏①
 Aメロ②、Bメロ②、Cメロ(サビ)②、間奏②、Cメロ(サビ)③、エンディング
④『練習の段階で一音一音噛みしめるようにゆっくりと弾く。』

判りやすく言えばひとつの曲、それぞれのフレーズを点ではなく、つながった1本の線として捉えて頂ければと思うんです。
名曲と呼ばれる楽曲ほど、作者が一音一音にある種の意味を持たせそれを次の音へと連鎖的につなげて行かれてるんですね。
メロディだけでメッセージが伝わってくるというのは恐らくこんなところから来るんだろうと思います。

また、
「速いフレーズの曲は初めから速く弾く練習をしないといけないんだ。」
と思われてる方も多いかと思います。

本当は違うんですよね。
昔の僕がそうだったから判るんです。
電車で各停に乗っている時のように『しっかりと味わうように聴いて』『噛みしめるようにゆっくりと弾く』ことによって正確なタイム間、心地の良いノリ、強弱、ひいては感情表現まで練習の段階でつかむことが出来るんです。
このコード、この音がその位置にある意味を少しずつでいいのでゆっくり弾きながらそれを感じてみて下さい。
すると今まで出てこなかった駅名(フレーズ)がスッと感覚として自然につかめますよ(^^)
むしろテンポを上げることは一番最後で構いません。

普段の練習からそうすることによって一音一音の意味を理解することにも近づきますし、何よりも1本の線として流れがつかめますのでステージ上でフレーズが飛ぶということも自然と無くなって来ると思います。
アコースティックな音なので今日やって明日すぐというような即効的な練習ではありませんが、続けることで確実に効果は上がりますよ(^^)
あなたのスキルアップにぜひお役立て頂ければ幸いです。

ちなみにこんなコラムも以前書かせて頂いてますのでご参考にして頂けましたら幸いです。

※次回は今回のご質問内容についてのメンタル編をお届けしたいと思います。
f0081933_01174881.jpg

[PR]
by robu-happy | 2016-09-23 01:40 | ブログでミニレッスン | Comments(0)

いつもありがとう~(^^)

ギターを教える仕事をさせて頂いて10年を超えた今。
レッスンの度、習いに来て下さってる皆さんよりも、僕の方がいつも勇気を頂いてるような気がします。

「弾いてみたい曲があるけど、自分にはとても無理...」
と引っ込み思案におっしゃってた方が、今その曲に取り組まれている。

「弾き語りをしたい!」
と話されてた方が、今は左手の指を思いっきり広げるようなストレッチフォームを使うフィンガーピッキングのソロを練習されています。

50歳を越えてからブルースのフレーズに魅せられて、ラグタイムやカントリー・ブルースを面白いようにマスターしていかれる方。

亡くなられたお友達が作られた曲をマスターしたいとのことで採譜して欲しいとのご依頼。
お預かりした音源から出来るだけ忠実に楽譜に起こしたらすごく喜んで下さって、変わらない想いを込めて練習されている方。

独学で練習してたけどどうしても行き詰ってしまって、最初は難しい顔をされてた方。
少しだけ視点を変えて練習方法をお話ししてみたらすごくスッキリして良い表情になられたり018.gif

いくつになっても可能性は沢山あるんだな~と改めて感じています。

その方にとって「やってみたい!」という曲があるなら、僕は出来るだけその気持ちを尊重したい。
どうにかして弾けるようなアプローチを一緒に探してみたり、難しいフォームなら何とか押さえることが出来るそれを考えたり。

もしこれが他の仕事なら気の遠くなるような事なのだろうと思うのですが、ギターを通してやってみると何だかすごく楽しい。

僕が音楽を通して沢山のものをもらってきたように、今度は還すことをしていきたいな~。
その方が何だか明日が楽しくなるような気がしますよね003.gif

普段は面と向かっては言えないけど、いつもありがとう!!
f0081933_22135403.jpg

[PR]
by robu-happy | 2016-09-05 22:15 | コラム・ひとりごと | Comments(0)

最高のギターサウンドを奏でるためには

ギター上達への道、今日は少しメンタル及びフィジカルな面から踏み込んでみたいと思います。

ギター特にアコースティックギターで良い音を出したいと思った時、一番影響されるのは音を奏でる自分自身の状態ではないかと思われます。
同じギターを使っていても、
嬉しい気持ちなら『嬉しい音』、幸せに感じていたら『幸せな音』がそのままギターサウンドとなって出て来ます。
しかし、悲しかったり辛かったりする気持ちのままギターを弾くと、不思議なことにそのままギターの音となって現れます。
また体調が悪いとミスタッチが多くなったりもしますね。

その他季節や気候などによっても全く音の響き方は変わります。
ギターってホント色々な条件で音が変わるものなんですね。

ひと昔前なら、ミュージシャンはどこか体を壊していて当たり前、いやその方が味がある。
なんてイメージもありましたが、実際ステージに上がって最高の演奏をしようと思ったら、やはり心身共に万全の体調の方が良いですよね。

僕が個人的にすごく印象の強いアルバムがあります。
Eric Clapton『461 OCEAN BOULEVARD』

f0081933_23224827.jpg













このアルバムが出るまではひどい薬物中毒で再起不能とまで言われた彼が再起を果たした奇跡の1枚です。
この中に収められた曲はどれも活き活きとして明るくて溌剌としています。
当時、彼は心身ともに充実していたのではないかと容易に想像できますね。

もし今、思うようにギターが上達しないと感じてる方がいらっしゃったら体調を整えることも大切ではないでしょうか。
少なくとも自分が嬉しい気持ちでギターを弾いていたら、ステージの向こう側でも同じ気持ちで聴いて頂けるのではないかと思いますよ(^^)

f0081933_23225554.jpg


[PR]
by robu-happy | 2016-09-04 23:28 | ブログでミニレッスン | Comments(0)

音楽の話から日常の出来事まで
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30