ブログトップ

ロブ的つれづれ日記∈( ̄o ̄)∋

Second Harmonics 11th Anniversary Live

f0081933_00282604.jpg

今日はパーカッショニストのポッキーくんと久し振りに会ってきました101.png
12/16(土)西宮北口RJ&BME'Sさんで開催予定のSecond Harmonicsのライブの打ち合わせで。

RJさんというと、僕にとってはソロギタリストとしてのキャリアをスタートさせたライブハウス。
またポッキーくんとのユニット『Second Hamonics』のライブもここで度々させていただいた思い出の場所です。

ポッキーくんとはそんなに頻繁に会っている訳ではないのですが、離れていてもずっと繋がり続けてくれている仲間であり大切な友達です。

今回のライブではそんなポッキーくん、またかけがえのない素敵な仲間もゲストにお迎えして心からのステージをお届けしたいと思っております。

詳細についてはもうしばらくでHPやブログなどでアップ出来ると思います。
楽しさ満載のプログラムを、今日ポッキーくんと決めてきましたので、ぜひぜひ皆さんの笑顔にお会い出来ればと思っております101.png

ちなみに写真は10年前の僕たち。
気が向いた時にしかライブをしないもので、ツーショットの写真があまりなかったものでご勘弁を119.png
動画は2年近く前のものなので、こちらの方が今の僕たちかな102.png



[PR]
# by robu-happy | 2017-10-17 00:41 | コラム・ひとりごと | Comments(0)

音階の度数とドレミの関係について

今日のテーマは音階の度数とドレミの関係についてお話ししてみたいと思います。
内容は理論的なことになるのですが「まあ知らなくてもいいけど、知っていればここという時に力になってくれるかな」くらいの軽い気持ちで読んでみて下さいね。

では、早速行ってみましょう!!

f0081933_01352282.jpg

まずは【図①】。
この絵を見て何の楽器か判らないという方はまずいらっしゃらないのではないかと思います(笑)
僕が言うまでもなく『ピアノ』ですね102.png


さて、この鍵盤の絵にから1オクターブ上のまで、合計8個の音階名と度数を記してみました。
音階の読みは上段が「日本」、下段が「アメリカ」と「英国」で使われているものです。
記憶力の良い方は両方覚えておきましょうね(笑)

鍵盤の下に記した度数は、白鍵のドから1オクターブ上のドまでの8音に対しての数え方、つまり8度あるということです。
「ド」を1度として数えるので、「ド」から「レ」までは2度
例えば「ド」から4つ目の「ファ」の音は4度ということになります。
その他にも「ミ」は3度、「ラ」は6度という風にね。

何だかピアノのレッスンみたいになってきましたね~(笑)

う~ん、ここで終わってしまうとギターの「ギ」の字も出て来ないままですね~(笑)

僕の専門はギターなのですが・・・。
まだ今日のところは・・・。

気を取り直して。
ここで次に見て頂きたいのは【図②】。

f0081933_01352625.jpg

「わからぬではないか!!」

と思われた方(※そんな殿のような口調で話す人は居ないか106.png
まあまあ、そうおっしゃらずに落ち着いて話を聞いてくださいね102.png

これは【図①】のピアノの鍵盤で記した度数を目盛りに変えたものです。
「1度~2度」、「2度~3度」などではそれぞれ2目盛りずつありますが、「3度~4度」「7度~8度」は1目盛りになってますね。

「何で2目盛りずつにせ~へんねん!」

と思われる方もいらっしゃると思いますが、まあまあ落ち着いて101.png
※関西人なのでツッコミは必須ということで(笑)

なぜ2目盛りずつではないのか??

振り返って【図①】の鍵盤の絵を見てみましょう。
皆さんご存知かと思うのですが、黒鍵が有るところと無いところがありますよね。

そうなんです!!
つまり「3度~4度」「7度~8度」のところに黒鍵を入れないことによって、皆さんが良く知っている、

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」

というあの有名な響きが得られるんですね(^^)

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」と目盛りの数は絶妙に絡み合っているということなんです。

逆に言えば、ここに黒鍵を入れて全てを2目盛りずつにしてしまうと、あの有名な響きは得られないということなのですね。
ちなみにそんな2目盛りずつの音階もこの広い世界にあるにはあるのですが、それはそれで置いといて。

そんなところでぼちぼち今日のマトメ。
今日は「度数って何?」ということについて書いてみました。
少しでも皆さんの中で理解して頂けたら幸いに思います101.png

僕自身も難しい話を長時間していると、アタマがウニャウニャ~となってしまいそうですので、今日のところはこの辺りで。
次回以降はここから少しずつギターに絡めてお話しして行こうかと思っております。
それでは、続きはまた次回~!!

[PR]
# by robu-happy | 2017-10-15 02:14 | ブログでミニレッスン | Comments(0)

てーふぁーのミュージックちゃんぷる【FM那覇 2017年10月5日放送分】

てーふぁーのミュージックちゃんぷる【FM那覇 2017年10月5日放送分】
Youtubeページのアーカイブに追加致しました。
今回のパーソナリティは山崎潤さんと矢野サトシでお届けしております。
『てーふぁー』らしく楽しいトークを繰り広げておりますのでぜひぜひお聴きください。



[PR]
# by robu-happy | 2017-10-06 00:52 | ラジオ | Comments(0)

僕が初めてギターに触れた時のお話

僕が初めてギターに触れた時のお話。

確か中学から高校に上がる前の春休みだったかな。
たまたま遊びに行ってた友達の家で簡単なEmのコードを教えてもらってストロークで弾いてみた。

するとそこに友達がリードギターを重ねてくれたんです。

そう、初心者の僕がいきなりツインギターを経験しちゃったんですね104.png

たった10~15分くらいの出来事だったのに、その感触が今もこの手に残ってるくらい衝撃的な瞬間だったんです。
永遠の1秒ならぬ『永遠の15分』(笑)

その衝撃的な15分を経験した15才は、家に帰っても考えることはギターのことばかり。

で、とうとうたまらず、両親にねだって高校入学祝いにMorrisのアコースティックギターを買ってもらった。
ハードケースや小物がついて確か20000円くらいだったかな101.png

母親と一緒に楽器店に買いに行った情景まで今もハッキリ覚えてる(笑)
電車で家まで持って帰る間もその時間がすごく待ち遠しい!
けどその間もハードケースを片手に持っていることで、今までの自分が変わった気がしていた。

そして家に帰ってすぐハードケースを開けてチューニング。
「ジャラーン」と鳴らしてみた104.png

顔は自分でも判るくらいニヤケてた(笑)

次の瞬間、アタマの中は初めて友達と弾いたフレーズを弾きたくてタマラナイ!!

すると堰を切ったように一緒に買ってきた楽譜で色々な曲を自分なりに弾きたくなった。

「オモシロ~イ!!」

そんな調子だから、高校に行っても授業中考えることはギターのことばかりナリ~(笑)

毎日寄り道もせず真っ直ぐ家に直行!
学校から帰るといつもだいたい夕方4時前。

母親から、

「近所迷惑になるから、もう少し小さな音で弾きなさい!」
「早くゴハン食べなさい!」

という言葉も何度も聞こえてるけど毎日夕方から夜9時くらいまで弾きっぱなし(笑)

一所懸命練習した、というより、ただただ毎日「弾きたい!」という衝動に駆られて夢中で弾いてた感じ。

また同時にその頃に一番感動したのは、スピーカーから聴こえてくるギターと同じフレーズが自分で弾けること。

スピーカーから聴こえて来る音って、ギターを弾く前は何だか遠い遠い別世界に感じてたんです。

ところがギターを弾き始めるや否や、そのフレーズが意外とカンタンで自分でその音を出している。

何度も、

「夢じゃない!」

ってホッペをつねったな~(笑)


そんな僕が、今はギターをお教えさせて頂いてます。
いつもはカラオケで歌っているお気に入りの歌。
意外とカンタンに自分でギターを弾いて歌えるかもしれない。

僕がギターを弾き始めた頃のそんな感動を一人でも多くの方にお伝え出来ればな~って思ってます101.png

f0081933_00303729.jpg

[PR]
# by robu-happy | 2017-10-04 00:32 | コラム・ひとりごと | Comments(0)

カルチャーハウス香里ケ丘さん1日体験レッスン

f0081933_21334116.jpg


10月7日と21日(いずれも土曜日)に枚方・カルチャーハウス香里ケ丘さんで1日体験レッスンを開催致します。

今回の課題曲は喜納昌吉さんのヴァージョンで有名な現代沖縄音楽の代表曲『花』
土曜日の昼下がり、秋色に染まった『けやき通り』に面した川が流れるショッピングモールCONOBA香里ヶ丘。
お茶を飲みながら簡単アレンジで一緒に弾き語りしましょう!!

【1日体験レッスン】
◆開催日
 ①10/7(土)②10/21(土)
◆時間
 各12:30~14:00
◆参加料
 1,944円
◆お持ち頂くもの
 ・アコースティックギター
  ※お持ちでない場合は無料レンタル可です。本数に限りがございますのでお申し込み時にご予約下さい。
 ・筆記用具
◆場所
 カルチャーハウス香里ケ丘
 〒573-0084 大阪府枚方市香里ヶ丘3-11-1 CONOBA香里ヶ丘2F
 ℡072-860-1131

※1日体験レッスンはお電話、またはカルチャーハウスさんのHP内にある1日体験お申込みフォームよりお申込み下さい。





[PR]
# by robu-happy | 2017-10-03 21:50 | お知らせ | Comments(0)

尾張いちのみや ピンクリボンフェスタ

f0081933_20090366.jpg


今年も早いもので明日から10月。
おかげさまで僕もここまでライブやラジオ出演などでアクティビティに動きまくっている感じです(^^)
ちょうど1週間前も岡山・玉野市で開催されました『たまの旬のさんま祭り』にシンガー加治木孝子さんと参加させて頂きました。


f0081933_20113862.jpg

f0081933_20121370.jpg

気仙沼産の旬の「吉備笹の葉焼さんま」を食べてのチャリティイベント。
お越しになられた皆さんが美味しくて幸せになって、しかもそれが東北支援のチャリティに!


f0081933_20105386.jpg

f0081933_20094269.jpg

本当に素敵なイベントで皆さんと同じ時間を過ごさせて頂きました。
お越しになられた皆さま、当日お世話になりました皆さま、月並みな言葉ですが改めまして素敵な時間をありがとうございました101.png
※写真は当日会場にお越し頂きました皆さんが撮って下さったものを掲載させて頂きました。


さてさて、そんな9月を終えて明日10/1(日)は1週間前と同じくシンガー加治木孝子さんと

『尾張いちのみや ピンクリボンフェスタ』

にライブで参加させて頂きます。
今回のイベントは新一宮プロレス、ライブ、フラメンコなど楽しいイベントが盛り沢山!
プロレスの後には子供さんたちも楽しみにしている『菓子まき』もありますよ101.png

■イベント開催日時■
 10月1日(日)11:00~16:00 ※雨天決行
■場所■
■加治木孝子&矢野サトシ 出演時間■
 ①12:00~
 ②14:30~
 ※2ステージ予定しております。
■観覧無料

主催:尾張一宮ピンクリボンフェスタ実行委員会
共催:NPO法人バボナターレ  
協力:新一宮プロレス
後援:愛知県、一宮市(予定)
また新一宮プロレスさんから『菓子まき』のお菓子を募集してらっしゃいますので、ご協力頂ける方はぜひ宜しくお願い致します。



[PR]
# by robu-happy | 2017-09-30 20:26 | お知らせ | Comments(0)

素早くコードチェンジをするには・・・

こんにちは、アコースティックギタリストの矢野サトシです。
本日のテーマはズバリ『素早くコードチェンジをするには』

アコースティックギターでコードチェンジをする時に時間がかかってしまう。

なんて悩まれたことはないでしょうか。
今日は知っておけば得をする「素早いコードチェンジのためのコツ」についてお話ししてみますね101.png


それではまず、ギターを弾く上では必須のGコードを見てみましょう。

図①
f0081933_23023497.jpg
歌本のダイヤグラムにはこのように載っていることが多いのではないでしょうか。


ではこのフォーム、どうやって押さえるんだろう??
パッと見て、こうなのかな?

図②
f0081933_23130849.jpg

なんて図②のように押さえられる方も多いのではないかと思われます。
実際のところ、僕もギターを弾き始めた頃はこのように押さえてました。
ホント安定して、しっかりと押さえられますもんね101.png

ただ、色々なコードフォームを覚えて行くうちに「こうやったら押さえやすいけど何か違うかも?」と同じ時期に模索もしてたんですね。


元来、人間の指の役割は、

物をつかむ役割の指・・・親指、人差し指、中指
それを補佐する役割の指・・・薬指、小指

ということになると思われるんです。
そう考えると、力の弱い小指を使わずに図②のように押さえることは、なんら不自然なことではないと思われます。

では「何か違うかも?」と感じたのは何だったのでしょうか?
その疑問を少しずつ紐解いて行きたいと思います。


いきなりですが、先ほど挙げた図②のGコードの指の押さえ方から次の図③のCコードにフォームチェンジをしてみましょう。

図③
f0081933_23252505.jpg

コードチェンジの際、何だか少し遠回りをしている感じがしないでしょうか。

そうなんです!

実際に指を押さえて動かしてみて頂くと、指のフォームを根本的に全て変えてしまわないといけなくなるのが判ると思います。
根本的に全て変えるということは『コードチェンジに時間がかかってしまう』ということなんですね。

さあ、ここに全てのヒントが隠れています101.png
ポイントは、上記のGかCのフォームの押さえ方をほんの少し変えてあげることなんですね。

それでは、弾き語りなどでよく使われるローポジションのオープンコードのメカニズムを考えてみたいと思います。
(※オープンコード・・・弦を全て押さえるハイコード、セーハコードはなくGやC、Am、Emなどのように開放弦も使って鳴らすコードのこと。)
お手元の曲集などを見てみると、上記のGやC、その他ここには載せてませんがAm、Emなど大体1~3フレット辺りで押さえられるコードが多いのではないでしょうか。



ここで簡単な原則についてお話ししてみましょう。

図④
f0081933_23455450.jpg
上記の図のように、各フレットに対して優先される指がそれぞれあると考えてみて下さい。

1フレット・・・(第1優先)人差し指、(第2優先)中指
2フレット・・・(第1優先)中指、(第2優先)薬指、(第3優先)小指
3フレット・・・(第1優先)薬指、(第2優先)小指
※あくまで原則なのでこれが全てという訳ではないですよ101.png

というように。また同じフレットで複数の指を押さえる場合は太い弦が第1優先になります。
(※弦の名称は太い弦から6弦~1弦)
Emのコードで考えるとわかりやすいと思いますよ。


図⑤
f0081933_23541805.jpg


原則通りに考えれば、

中指(5弦2フレット目)・・・2フレット目の第1優先の指
薬指(4弦2フレット目)・・・2フレット目の第2優先の指

ということになりますね。


では前述の図③のCコード。
この原則に当てはめると図のように押さえるのが理に適っているのがお分かりではないでしょうか。

人差し指・・・2弦1フレット
中指・・・4弦2フレット
薬指・・・5弦3フレット

まさしく原則通りですね101.png

さあ、それでは先ほどの「上記のGかCのフォームの押さえ方をほんの少し変えてあげる」の答えです。

図⑥
f0081933_00055140.jpg
正解はGコードの押さえ方を少し変えてあげることなんですね。


では、上記図⑥のように押さえてみましょう。

中指・・・5弦2フレット
薬指・・・6弦3フレット(3フレット目の第1優先の指)
小指・・・6弦3フレット(3フレット目の第2優先の指)

普段あまり単独で使うことのない小指で押さえるのが、最初は馴染まないという方も多いのではないかと思われますが、Cコードに変える場合1フレット側にまだ人差し指が残っているため、コードチェンジの際に動かす距離が圧倒的に少なくなるのが判るのではないでしょうか。

つまり、今押さえているコードから次のフォームの形を考えて指を動かす距離を最小限にすることが「素早いコードチェンジ」のコツなんですね。

しかもこの原則さえ掴んでおけばほとんどの場合それを応用出来るということなんです。
ぜひお手元の曲集で指の動かし方を考えながら練習して頂ければと思います。

ちなみにDコードなどのようにこの原則に当てはまらないものもありますが、これについては押さえ方を載せておきますので一緒に練習してみて下さいね。

図⑦
f0081933_00352025.jpg
また参考までにコードなどの押さえ方については、下記のコラム『左手フォームに中心軸を作る』も参照して下されば幸いです。
いつも最後まで読んで下さってありがとうございます102.png




[PR]
# by robu-happy | 2017-09-29 01:05 | ブログでミニレッスン | Comments(0)

ギター・ワークショップ開催します!

f0081933_21590797.png

StudioLeafアコースティックギターワークショップを開催いたします。
日時は、下記の2日間。

①2017年10月28日(土)(19:00~22:00)
②2017年10月29日(日)(13:00~21:00)

・好きな曲を自分で伴奏しながら弾き語りをしたい。
 ※楽譜をお持ちでしたらご持参下さい。
・もっと表現力をつけたい。
・色々な奏法をマスターしたい。

目的に応じて、全く初めての方から高度な奏法をマスターしたい方まで、お一人お一人に丁寧にご指導いたします。
詳しくはStudio Leafさんのワークショップ案内ページをご覧ください。






[PR]
# by robu-happy | 2017-09-26 22:07 | お知らせ | Comments(0)

「たまの旬のさんま祭り」チャリティーライブ

f0081933_21594604.jpg

f0081933_23441255.jpg

今日は南森町のStudio Leafさんでシンガー加治木孝子さんとのリハーサル。

たまたま持って行ったGodin MIDI Nylonで合わせてみたところ今までになかった化学反応が!
ナイロン弦に持ち替えて弾くだけで曲の雰囲気が変わることは長年の経験から判っていたのですが、
まさかこんなにも変わるなんて!!
予想をはるかに超えていました!


f0081933_22250062.jpg

さてさて、そんな加治木さんとは今週末9/24(日)に岡山県玉野市で開催される「第2回 たまの旬のさんま祭り」にて、チャリティーライブに出演させて頂きます。
ニューアルバム『おかえり』をリリースされてノリに乗っている加治木さんとのステージでは、そんな新しいテイストも加えながらお届け出来ればな~と思います。

◇加治木孝子 × 矢野サトシ ステージ◇
 11時15分〜11時55分
 13時20分〜14時00分

◇矢野サトシ ソロギターステージ◇
 12時10分〜12時35分

3ステージ予定しておりますので、ぜひとも気仙沼の美味しい秋刀魚と共にお楽しみ下さい!!
お問い合わせは上記に添付させて頂きましたフライヤーをご覧下さい。

[PR]
# by robu-happy | 2017-09-20 22:33 | お知らせ | Comments(0)

秋に聴きたいギターアルバム Vol.1

f0081933_21395987.jpg

今日は久しぶりに、僕が良く聴いているギターアルバムを取り上げてみようかと思います。

まずはその第1弾。
ギタリスト清水敏貴さんと奥沢茂幸さんによって1999年に結成されたギターデュオ『アコースフィア』のお二人。

家カフェ /アコースフィア

確かなテクニックに裏打ちされた見事なアンサンブルは言うまでもないのですが、それと同時に歌心を感じさせるそのサウンドには僕もいつも魅了されています。

このアルバム『家カフェ』ではスティーヴィー・ワンダー、ビリー・ジョエル、マイケル・ジャクソン、シンディ・ローパーやビートルズと錚々たる面々の名曲たちが見事にアコースティックギターでアレンジされてます。
ギターを弾く方、音楽を聴くだけの方、どちらにとっても楽しめる1枚じゃないかと思います。

秋空の広がったこの季節の昼下がりに、お茶を飲みながらゆったりと『家カフェ』を楽しむ。
もうこの上ない贅沢です(^^)




[PR]
# by robu-happy | 2017-09-19 21:44 | コラム・ひとりごと | Comments(0)

音楽の話から日常の出来事まで
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31