ブログトップ

ロブ的つれづれ日記∈( ̄o ̄)∋

好きなことを選ぶ勇気

ここ最近のレッスン、どの生徒さんも本当にいい顔でギターを弾いてらっしゃる姿が印象に残るんです。
そんな中、今日もすごく嬉しい出来事がありました101.png


1年半くらい前から僕のレッスンに通って下さってる小学生のお子さん。
はじめはAKBの曲を弾けたらそれでいいとお母さんからもお聞きしていたのですが、1曲マスターするとギターの楽しさを判って頂けたみたいでその後も通って下さってます。

それなら僕は、

「とにかく好きな曲を弾こう!」

と難しいコードを小さな手でも押さえられるように簡単なフォームにしたりで一緒に取り組んでやってきたんですね。
彼女も新しい楽譜集をお母さんと一緒に買いに行ってやる気満々!

しかし、ここ半年くらい少し伸び悩んでいたんです。


そして前回、前々回のレッスンではとうとう彼女自身、

「もう、できない。」

という感じのところまで来てどうしたら良いか判らない状態。


僕も好きな曲が弾けるように必要なテクニックをマスターさせてあげて
何とか自信を取り戻させてあげようと色々なアプローチを施してみたのですが、
それでも中々出口が見つからない。


そんな中メンタルな部分が何かブロックしているということは何となく感じていたので、前回のレッスン中にその声を聞いてみたら、彼女の中にあったのは思いもよらず僕が一番最初に言ってた「好きな曲を弾こう!」という言葉。

「ハッ!」としました。

一番理解してあげないといけなかった僕がそこから離れようとしていた。

それでレッスンの終わり際に僕自身ももう一度原点に帰って、
「とにかく好きな曲を弾こう!」
と再び伝えておいたんです。


そして迎えた今日のレッスン。

いつもお母さんと一緒にお見えになられるのですが、今日はいつにも増してすごく明るい雰囲気101.png
新しいギターの楽譜集も買いに行かれたみたいでお母さんと二人で本当に良い笑顔101.png


いざレッスンを始めるや否や

「やりたい曲があるんです!」

「何をやってみたい?」

「世界にひとつだけの花」

「じゃあ、一緒にやろう!」

ということで楽譜集を広げて、いつものように難しいコードを簡単な押さえ方にアレンジして一緒に弾いてみました。


すると、ここで驚いたことが!

いつも淡々とギターだけ弾いていた子が、弾き語りで僕と一緒に歌ってるんです。
しかもその歌詞は「世界にひとつだけの花」!

今の彼女の心情にピッタリの内容で途中で危うく感極まりそうになりました119.png
もう、殻を破って少し成長したその姿を目の前で実感出来たことがホント嬉しかった~103.png
ギターを弾きながら歌えるってやっぱり素敵だね101.png


今は小学生でも「好きなことをしよう!」と言ってもその「好きなこと」が判らないお子さんが多い時代。

そんな中で「好きな曲」を選んで来てくれた彼女。
「好きなこと」を選んで実行出来るその勇気が、将来ここぞというところで役に立てればイイね101.png

f0081933_22525664.jpg

[PR]
by robu-happy | 2017-09-03 22:58 | コラム・ひとりごと | Comments(0)

音楽の話から日常の出来事まで
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30